現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ

このページに関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください。
KIT数学ナビゲーション
応用分野: 式の導出非同次項がsinとcosのとき補足資料1定数係数線形微分方程式の解の導出式の導出証明続きを見る

オイラーの公式  

 

■導出計算

 をマクローリン展開すると,

 ・・・・・・(1)

(1)の に形式的に を代入して計算してみると,

 ・・・・・・(2)

 のマクローリン展開は,

 ・・・・・・(3)

 のマクローリン展開は,

 ・・・・・・(4)

(2)に(3),(4)を代入すると,

 

となり,オイラーの公式(Euler's Formula)が得られた.

複素数における指数関数の定義を参照

 

ホーム>>カテゴリー分類>>複素数 >>複素解析>>オイラーの公式

初版: 2005年1月30日 , 最終更新日: 2011年3月10日

[ページトップ] 金沢工業大学
*