現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 2変数関数のテイラー(Taylor)の定理の導出関数の連続性偏微分係数重積分の定義2変数のテイラー(Taylor)の定理の導出2変数関数のテーラー(Taylor)の定理の導出続きを見る

2変数関数

ある2つの値 の組に対して,ただ1つの値をが対応することを2変数の関数,略して2変数関数といい,一般に

 

と表わす.

関数 の関係を満たす 空間座標を使うと1つの点を表わす.関数 の関係を満たす点の集合のことをグラフといいう.

以下に,2変数関数の例とそのグラフを示す.多くの場合,グラフは曲面になる.

 ⇒ 平面の方程式  (半球)
2x+5y+5 半球
z=x^2+y^2 x^2-y^2

ホーム>>カテゴリー別分類>>関数>>2変数関数

初版:2009年6月26日,最終更新日: 2011年8月30日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版