現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.

曲率・曲率半径 (curvature and radius of curvature)

曲率 (curvature) とは,曲線上のある点におけるその曲線の曲がり具合を表す指標であり,曲率の逆数が曲率半径 (radius of curvature) を表す.曲線上のある点付近の曲線は,その点での曲率半径を半径とする円で近似でき,半径が大きいと曲がり具合が緩く,半径が小さいと曲がり具合がきつくなる.したがって,曲がり具合がきついほど曲率は大きくなる.

■ 曲率の定義

平面で定義された曲線 上の点 P から曲線に沿って だけ変位した点を Q とする.この 部分を円弧とみなし,円の中心を点 C ,角PCQを とすると,この円の半径は

である(絶対値をとっているのは角 が時計回りの場合,負の値となるからである).ここで,極限 をとると,点 P における曲率半径

が求まる.点 P における曲率 は曲率半径 の逆数なので次式となる.

■ 曲線 の曲率半径

図に示すように,点 P での接線と 軸とのなす角を とすると,点 Q での接線と 軸とのなす角は となるので,角PCQは点 P から点 Q の接線の角度の増分に対応する.点 P での接線の傾きは

なので,

    ⇒         ⇒    

となり,最終的に

を得る.また,

であるので,曲率半径 の関数として

と求まる.点 P では なので,点 P における曲率半径は である.

また,点 P 付近の曲線を近似する円の中心 C の座標 は次式で求まる.

■ パラメータ表示された曲線 , の曲率半径(導出)

曲率半径

円の中心

[ページトップ]

金沢工業大学

google translate (English version)