現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 逆写像複素関数写像の定義域と値域1対1の写像写像の合成線形性続きを見る

写像

■写像の定義

 集合のおのおのの要素が,ある対応によって,集合要素に1つずつ定まるとする。このある対応をからへの写像という。この写像 とすると,写像  は,

 または,

と表す。のある要素 に対しては,の要素がただ1つだけ対応する。このの要素を とすると, を写像による のといい,

 

で表す。

写像の内,数の集合から数の集合への写像を普通関数という。

■写像に関する用語

写像の定義域と値域1対1の写像写像の合成逆写像

 

ホーム>>カテゴリー別分類>>その他>>写像

初版:2005年10月7日,最終更新日 2010年6月3日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版