現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 加法定理1・サイン・コサイン三角形を用いた三角関数の相互関係の導出直角三角形の各辺の名称

1・サイン・コサイン三角形(注意:KIT数学ナビゲーション独特の呼び方)

 三角関数を学習する基礎として,斜辺の長さが1である直角三角形を考える.

 三角比の定義より,

また,

 

である.よって,

 ,

となる.

 すなわち,斜辺の長さを1とすると辺の比が1:sinθ:cosθ となる.θ の値が変化してもこの比を表す式は変わらない.

 この三角形の辺の比を用いる.例えば,斜辺ABの長さが2になれば,辺BCの長さは2sinθ,辺ACの長さは2cosθとなる.

 斜辺ABの長さが であれば,辺BCの長さは ,辺ACの長さは となる.

 更にこの1・サイン・コサイン三角形を用いると簡単に,三角関数の相互関係が理解できる.

 

ホーム>>カテゴリー分類>>三角関数>>1・サイン・コサイン三角形

初版:2004年7月28日,最終更新日: 2014年7月29日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版