現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 三角関数の合成公式角度の定義

一般角の定義

平面上に点Oからのびる半直線OXとOPがあり,OXとOPが重なった状態から,Oを中心としてOPが平面内である角度回転して静止したとする.回転方向は,半時計回りを正の向き,時計回りを負の向きとする.OXとOPのなす角度は,回転量とその方向で決まる.そこでOXとOPのなす角度(∠XOP)をOPが回転した角度で表したものを一般角と定義する.OXを始線,OPを動径という.

■一般角の具体例

 

 

ホーム>>カテゴリー分類>>三角関数>>一般角の定義

最終更新日: 2015年3月26日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版*