現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 定積分の基本式(3)定積分の基本式(4)定積分の基本式(5)定積分で定義された関数の微分定積分の基本式(6)定積分の基本式(9)続きを見る

定積分の基本式

  •   のとき(の原始関数の1である )

      ここを参照

  •    (ただし, は定数)  導出計算

  •    導出計算

  •    導出計算

  •    導出計算

  •    導出計算はここ

    ポイント: の部分には  を含んでいてはいけない. 積分範囲に注意. は上端でなければならない.

  •    ( :は定数)  導出計算

    ポイント:変数 が上端,下端両方に含まれている場合.

  •    ( :偶関数)  導出計算

    ポイント:積分範囲の変更に注目

  •    ( :奇関数)  導出計算

  •     (左記は一例)  導出計算

    ポイント:周期関数の場合はその周期に着目して,計算の簡単化を図る.

  •    導出計算はここ

 

 

ホーム>>カテゴリー分類>>積分 >>定積分の基本式

初版:2004年7月1,最終更新日: 2009年9月4日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版