指数と対数の関係式
KIT数学ナビゲーション
 

指数と対数の関係

対数の定義より指数対数の間には,

log a P=r a r =P

の関係が成り立つ.

底を a  ( a>0 )とする指数関数 y= a x  と対数関数 y= log a x 逆関数の関係である (対数関数のページを参照のこと).よって,以下の関係式が成り立つ.

x= a log a x x= log a a x
   

 

 

ホーム>>カテゴリー別分類>>指数/対数>>指数と対数の関係式

初版:2004年7月1日,最終更新日: 2007年10月13日

[ページトップ] 金沢工業大学