現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション
関連する他のページを見るには知識構造の可視化を利用してください.
応用分野: 漸化式タイプ別解法

漸化式タイプ5:(を含む式)の の求め方

n を含む式)をf (n) とおく.

f (n) −f (−1) =d  (:定数) となる場合

とおくと

 タイプ3の形になる. 求め方はタイプ3を参照

したがって,

f (n) =rf (−1)  (r :定数) となる場合 

両辺をf (+1) 割ると,

  

とおくと,

タイプ3の形になる. 求め方はタイプ3を参照

したがって, 

■その他の場合

を 具体的に書き出す推定証明 の手順で求める.証明には帰納法を使うとよい.

 

 

ホーム>>カテゴリー分類>>数列>>漸化式>>漸化式タイプ5の解法

初版:2004年7月6日,最終更新日: 2013年5月28日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版