現在の数式のサイズは 3 です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT数学ナビゲーション

指数関数のグラフ(拡大,平行移動)

グラフの作成は,Peter Jipsen氏によるASCIIsvgを用いている。また,グラフを正常に表示すするには IE+SVGviewer 3.01 が必要である。

■2次関数のグラフの原点を中心とした拡大平行移動


$(y-b)/d=R^((x-a)/c)$     $a=$ a    $b=$b    $R=$ e   $c=0$ ,$d=0$ は,許されないが,グラフは表示される。$c=0$ あるいは,$d=0$ の時のグラフは無視してください。  
$c=$c    $d=$d    

ボタンと押し,$a$,$b$,$c$,$d$,$R$ の値を変化させ,グラフがどのように変化するか確認しよう!

 

ホーム>>カテゴリー分類>>指数/対数>>指数関数のグラフ(拡大,平行移動) 

初版:2005年3月31日,最終更新日: 2007年4月11日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版