このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

フックの法則

ばねを自然の長さから伸ばしたり縮めたりすると,手は,ばねから自然長に戻る向きに力を受ける.この力を弾性力という.

下図のようにばねの伸びは,おもりにはたらく重力に比例し,弾性力の大きさはばねの自然長からの伸びに比例する.これをフックの法則という.弾性力の大きさ F N は,ばねの自然長からの伸び(または縮み)を x m とすると,

F=kx

と表わされる.比例定数 k ばね定数 kN/m という(ばねの弾性限界は考慮していない).

フックの法則



ホーム>>物理基礎>>第1編 物体の運動とエネルギー>>第2章 運動の法則と様々な力>>フックの法則

学生スタッフ作成

2016年4月13日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版