このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

運動量保存の法則

運動している2つの物体A,物体Bが衝突したとき,それぞれの質量を m A , m B [ kg ] ,衝突前の速度を v A , v B [ m/s ] ,衝突後の速度を v A , v B [ m/s ] とすると,

m A v A + m B v B = m A v A + m B v B

という式が成り立つ.これを運動量保存の法則という.



ホーム>>物理>>第1編 力と運動>>第3章 運動量>>運動量保存の法則

学生スタッフ作成

2015年12月3日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版