このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

単振動

Startを押すと,物体が単振動します.

等速円運動を真横から見ると直線上を往復運動しているように見える.この往復運動を単振動 という.ばねにつるしたおもりの往復運動も単振動である.

もとになる等速円運動の半径を A m ,周期を T s ,角速度を ω rad/s とすれば,単振動の変位は -Am から Am まで変化する. A を単振動の振幅という.1回振動する時間を周期 Ts といい,1秒間に振動する回数は振動数 fHz という.

振動回数と時間の比は

1:T=f:1

より,

f= 1 T

が成立する.

単振動を真横から見たときの変位 x m は,

x=Asinθ=Asinωt

単振動している物体の速度 vm/s は,

v x =Aωcosωt

加速度 a m/s 2

a x =A ω 2 sinωt= ω 2 x

と表わされる.

単振動

シミュレーション


(参考)物体に空気抵抗などの抵抗力が働く場合,物体は単振動しながら,徐々にその速度が減衰していきます(減衰振動).Startを押すと,物体が減衰振動します.

シミュレーション



ホーム>>物理>>第1編 力と運動>>第4章 円運動と万有引力>>単振動

学生スタッフ作成

2016年3月18日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版