このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

v-tグラフ 

時刻 t s を横軸,速度 v m/s を縦軸としてグラフで表したのが v-t グラフである.

線の傾きが加速度 a m/ s2 であり,ある時刻 t a s からある時刻 t b s とグラフ線と t=0 で囲んだ面積が移動距離 x m となる.

v-t グラフから距離 x m を求める方法

物体が等速直線運動している時の時間と速度の関係を下図に示す.

物体が等加速度直線運動している時の時間と速度の関係を下図に示す.



ホーム>>物理基礎>>第1編 物体の運動とエネルギー>>第1章 物体の運動>>v-tグラフ

学生スタッフ作成

2016年3月15日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版