このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

仕事率

力が単位時間にする仕事仕事率 といい,毎秒 1J の仕事をしたときの仕事率を 1W とする.時間 t s の間に W J の仕事をしたときの仕事率 P W

P = W t

で表される.物体に力 F N を加え,一定の速度 v m/s で動かすとき,力 F N の仕事率 P W P = F v で表される( F v F v の内積).



ホーム>>物理基礎>>第1編 力と運動>>第3章 仕事と力学的エネルギー>>仕事率

学生スタッフ作成

2016年3月18日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版