数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
問題リスト←このページに関連している問題です

重積分における変数変換その2

閉領域 D で定義された連続関数 f( x,y ) を,

x=φ( u,v )  , y=ψ( u,v )

で変数変換する.ヤコビアン J= ( x,y ) ( u,v ) 0 ( x,y ) ( u,v ) が1対1に対応し,領域 D は領域 D に対応するならば

D f( x,y )dxdy = D f( φ( u,v ),ψ( u,v ) )| J |dudv  

が成り立つ.

 

 

ホーム>>カテゴリー別分類>>積分>>重積分>重積分における変数変換その2

学生スタッフ作成
,最終更新日: 2014年9月9日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)