問題を解くのに必要な知識を確認するにはこのグラフ図利用してください.

tan(x/2)=t とおく置換積分の問題(2)

■問題

次の問題を積分せよ。

1 sinx dx  を tan x 2 =t  と置換して解きなさい。


■方針

手順1:
 半角の公式または 2倍角の公式を用いて sinx  を t  の式に変換する。

     

手順2:
  tan x 2 =t  を微分し, dx  と dt  の関係式を求める。


手順3:
 求まった2つの式を問題に代入し,答を求める。


■答

まず sinx= 2t 1+ t 2  を導く。

sinx

=sin2· x 2

     

=2sin x 2 ·cos x 2

     ( この計算過程については,2倍角の公式を参照
      また,半角の公式を用いて導く方法は, tan x 2 =t  とおく置換積分を参照)

=2· sin x 2 cos x 2 · cos 2 x 2

     

=2·tan x 2 · 1 1+ tan 2 x 2

     ( 詳細は,三角関数(三角比)の相互関係を参照 )

= 2tan x 2 1+ tan 2 x 2

     ( tan x 2  を t  に置き換える )

= 2t 1+ t 2


次に dx= 2 1+ t 2 dt  を導く。

dt dx = ( tan x 2 )

= ( sin x 2 cos x 2 )

     ( 詳細は,三角関数(三角比)の相互関係を参照 )

= 1 cos 2 x 2 · ( x 2 )

     ( 微分計算の詳細については,導関数の基本式 I を参照 )

= 1 cos 2 x 2 · 1 2

     

= 1 2 ( 1+ tan 2 x 2 )

     

= 1 2 ( 1+ t 2 )

     

よって, dt dx = 1+ t 2 2  より,


dt= 1+ t 2 2 dx


つまり,

dx= 2 1+ t 2 dt


 最後に,これらの式を問題に代入し,答を導く。

1 sinx dx

= 1+ t 2 2t · 2 1+ t 2 dt



= 1 t dt

     

=log| t |+C

     ( 1 t dt =log| t |+C  については,基本となる関数の積分を参照 )

=log| tan x 2 |+C

     


 また,別の置換方法を用いても解を得ることができる。
 詳しくはここを参照。


■確認問題

求まった答え   log| tan x 2 |+C  を微分し,

積分前の式  1 sinx  に戻ることを確認しなさい。


ホーム>>カテゴリー分類>>積分>>積分の公式を使った問題>>4-(2)

初版:2007年12月18日,最終更新日: 2007年12月26日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)