KIT物理ナビゲーション
 

角運動量の向き (direction of angular momentum)

運動量 p をもつ質点の位置ベクトルを r とすると,点 O のまわりの角運動量

L =r × p     - - - (1)

であり,その向きは r p の張る平面に垂直である.

角運動量を図示する場合,通常,図のように点 O を始点としたベクトルで表す(位置ベクトル r の始点を角運動量の始点とする).このように表すと, L を回転軸として,それと垂直な平面で質点が回転運動している」 とみなすことができ,その回転方向は L の向きに進む右ネジの回転方向と一致する(ベクトル L の先から回転面を見ると反時計回りの向きである).


(注)
質点が実際に回転運動していなくても,角運動量は定義できる.時刻 t の瞬間に,質点が点 O のまわりに回転運動しているとみなすと,その回転軸の向きが L (t) の向きで,その回転の勢いが | L (t) | であるということ.


ホーム>>カテゴリー分類>>力学>>運動>>角運動量>>角運動量の向き

[ページトップ]
金沢工業大学