このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

偶力

図1のように,同一直線上になく,たがいに平行で逆向きの大きさの等しい2力 F F が1つの物体にはたらくとき,この力の組を 偶力 (couple of force)という.偶力を1つの力に合成しようとしても,作用点を定めることができない.また, F +( F )= 0 であることから,偶力には物体を移動させるはたらきはない.しかし,偶力には物体を回転させるはたらきがある.下図では物体は反時計回り(anticlockwise)に回転する.

偶力の作用線間の距離を l ,力 F の大きさを F とすると,どの点のまわりの力のモーメントを考えても,その和は Fl となる.この Fl 偶力のモーメントという.この l は,作用線間の距離であるから,偶力のモーメントは軸 C の位置によらず一定である. l 偶力のうでの長さという.

偶力のモーメント

C 点まわりの力のモーメントは,

Fx+ F ( lx )=Fl

(左回りの回転を正方向とする)



ホーム>>物理>>第1編 力と運動>>第1章 剛体>>偶力

学生スタッフ作成

2017年4月13日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版