複素数の和と差
KIT数学ナビゲーション
 

複素の和と差

 2の複素数 z 1 z 2 の和を考える.

z 1 = x 1 + y 1

z 2 = x 2 + y 2  

とおくと,

z 1 + z 2 = x 1 + y 1 + x 2 + y 2 =( x 1 + x 2 )+( y 1 + y 2 )  

z 1 z 2 = x 1 + y 1 ( x 2 + y 2 ) =( x 1 x 2 )+( y 1 y 2 )

このように複素数の和は実部どうし虚部どうしで和をとる.差は同じように実部どうし虚部どうしで差をとる.これはなんだかベクトルの和と差に似ている.この複素数の和と差を複素平面を用いて表すと右図のようになる.

 

 

ホーム>>カテゴリー分類>>複素数 >>複素数の和と差

初版:2004年7月1日,最終更新日: 2006年3月30日

[ページトップ] 金沢工業大学