このエントリーをはてなブックマークに追加
このページ
KIT物理ナビゲーション

運動の第2法則(運動の法則)

静止していた物体が動き出したり,一定の速度で動いていた物体の速度が増加や減少した場合,その原因は物体に力が作用したからで,運動の第2法則(運動の法則)で,力と加速度,質量の関係を表す.物体の質量を m kg , 加速度を a m/s 2 , 力を F N として,

『加速度の大きさは,力の大きさに比例し,質量に反比例して, m a = F が成り立つ.』

加速度が質量に反比例する理由は,物体の慣性による.ここで,慣性は,物体が同じ運動状態を保ち続けようとする性質で,慣性は質量に比例している.物体の質量が大きいと慣性が大きくなり,物体は同じ運動状態を保ち続けようとするので,物体の速度が変化しずらくなるため,加速しにくくなる.

一定の力が働いているときには,等加速度直線運動をする.

ここで重力加速度(gravitational acceleration)を g m/ s 2 ,垂直抗力(normal force)を N N とした.

運動方程式のつくり方

運動の第1法則(運動の法則) 運動の第3法則(作用反作用の法則)

ニュートンの運動法則



ホーム>>物理基礎>>第1編 物体の運動とエネルギー>>第2章 運動の法則と様々な力>>運動の第2法則(運動の法則)

学生スタッフ作成

2017年7月14日

[ページトップ]

金沢工業大学

google翻訳英語版