ベクトルの相等
KIT数学ナビゲーション
 

ベクトルの相等

お互いのベクトルの大きさと向きが等しいときベクトルは等しいと考えベクトルの相等という.

例えば,右図のように, AB CD があり,点A,点B,点D,点C,点Aを結んでできる図形が平行四辺形であるなら, AB CD 大きさと向きは等しい.よって, AB CD は同じベクトルとなるので,

AB = CD  

と表す.

すなわち,ベクトルの相等とは,一方のベクトルを平行移動して他方のベクトルにちょうど重ね合わせることができるときのことをいう.


 

 

ホーム>>カテゴリー分類>>ベクトル>>ベクトルの相等

最終更新日 2018年3月8日

[ページトップ] 金沢工業大学