数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
応用分野: n次元ベクトル空間1次結合マイナスAの定義行列の計算則 積について(1)

行列のスカラー倍

A=( a 11 a 12 a 1n a 21 a 22 a 2n a m1 a m2 a mn )

のとき,行列の k倍(kはスカラー), kA

kA=( k a 11 k a 12 k a 1n k a 21 k a 22 k a 2n k a m1 k a m2 k a mn )

と定義する.

■行列のスカラー倍の性質

A B n×m 行列で k l は実数とする.

k( A+B )=kA+kB

( k+l )A=kA+lA

c( kA )=( ck )A

1A=A

 

ホーム>>カテゴリー分類>>行列>>線形代数>>行列のスカラー倍

最終更新日: 2022年6月21日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)