KIT数学ナビゲーション
数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
応用分野: 1次関数

直線の傾き

直線の傾きとは1次関数における,

yの増加量
xの増加量

のことである.

1次関数を表す式  y=ax+b  において, a  が直線の傾きになる.

なぜなら, x  の値が c  から c +1に1増加すると, y  の値が ( ac+b ){ a( c+1 )+b }=a  増加することになり,

yの増加量
xの増加量
= a 1 =a

となるからである.

 

 

ホーム>>カテゴリー別分類>>関数>>1次関数>>直線の傾き

最終更新日: 2018年3月9日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)