数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
応用分野: 線形写像であるための必要十分条件の証明n次元ベクトル空間1次独立と1次従属

ベクトル空間(線形空間)

集合 V の任意の要素 x 1 x 2 に対して

  x 1 + x 2

スカラー倍  k x 1    ( k は実数)

が定義され, x 1 x 2 の1次結合

k x 1 +l x 2    ( k l は実数)

V の要素となるとき, V ベクトル空間あるいは線形空間という.

 

ホーム>>カテゴリー分類>>行列>>線形代数>>ベクトル空間(線形空間)

最終更新日: 2022年7月15日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)