数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
応用分野: 3次元の回転行列1次変換の解説
問題リスト←このページに関連している問題です

1次変換

■座標平面(2次元ベクトル空間)の場合

P( x,y ) を点 P ( x , y ) に移す変換において

{ x =ax+by y =cx+dy  

( x y )=( a b c d )( x y )  

となる関係がある場合を1次変換という.

また,正方行列 ( a b c d ) のことを,

1次変換の表現行列という.

1次変換の解説

■座標空間(3次元ベクトル空間)の場合

P( x,y,z ) を点 P ( x , y , z ) に移す変換において

{ x = a 11 x+ a 12 y+ a 13 z y = a 21 x+ a 22 y+ a 23 z z = a 31 x+ a 32 y+ a 33 z  

( x y z )=( a 11 a 12 a 13 a 21 a 22 a 23 a 31 a 32 a 33 )( x y z )  

となる関係がある場合を1次変換という.

また,正方行列 ( a 11 a 12 a 13 a 21 a 22 a 23 a 31 a 32 a 33 ) のことを,

1次変換の表現行列という.

 

ホーム>>カテゴリー分類>>行列>>線形代数>>1次変換

最終更新日: 2022年6月21日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)