KIT数学ナビゲーション
関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.

積分 (sinx)^3

sin 3 xdx

高次の三角関数の積分になるので,積分の計算手順より,三角関数の1次化のための公式を用いて次数を下げて積分が可能な形にもっていく.

sin 3 xdx = 3sinxsin3x 4 dx = 3 4 sinxdx 1 4 sin3xdx = 3 4 cosx+ 1 12 cos3x+C

C は積分定数) 

次に角の統一を図る.

3 4 cosx+ 1 12 cos3x+C = 3 4 cosx+ 1 12 ( cos2xcosxsin2xsinx )+C = 3 4 cosx+ 1 12 { ( cos 2 x sin 2 x )cosx2sinxcosxsinx }+C = 3 4 cosx+ 1 12 ( cos 3 x3 sin 2 xcosx )+C = 3 4 cosx+ 1 12 { cos 3 x3( 1 cos 2 x )cosx }+C = 3 4 cosx+ 1 12 ( 4 cos 3 x3cosx )+C =cosx+ 1 3 cos 3 x+C

置換積分で解く方法もある.

sin 3 xdx = ( 1 cos 2 x )sinxdx

となるので, cosx=t  とおくと, dt dx =sinxsinxdx=dt  となる.よって,

( 1 cos 2 x )sinxdx = ( 1+ t 2 )dt =t+ 1 3 t 3 +C =cosx+ 1 3 cos 3 x+C

C は積分定数) 

となり,同じ結果が得られる.

 

ホーム>>カテゴリー分類>>積分>>積分の具体事例>>積分 (sinx)^3

最終更新日: 2018年3月12日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)