数学知識構造の全体を見るにはこのグラフ図を, 関連するページを見るにはこのグラフ図を利用してください.
応用分野: 互換の積互換

恒等置換

同じ自然数どうしを対応させる置換のことを恒等置換といい,記号 Iで表す.単位置換ということもある.

■例

I=( 1 2 1 2 ) , I=( 1 2 3 1 2 3 ) , I=( 1 2 3 4 1 2 3 4 )

■特徴 

置換 A と恒等置換 I との積(置換の積)は

AI=A

IA=A  

となり,恒等置換 I をかけても置換の対応関係は変わらない.

 

ホーム>>カテゴリー分類>>行列>>線形代数>>恒等置換

最終更新日: 2022年6月23日

[ページトップ]

金沢工業大学

利用規約

google translate (English version)